Gofish “よかんのじかん” / CD

一度でもライブを見たことがある人ならば、すぐにとりこになってしまうこと間違いないのがGofishのライブの良いところではないかと思っています。漂うように時には胸元に切り込んでくるような甘いようで切なく深淵をのぞき込むと、とても怖い気分になってします様な。そんなGofishの現在のところの最新アルバムがこちら「よかんのじかん」。語りかけるようにすっと入ってくる音楽があなたの空間の一つに溶け込むような気がします。必聴…。

(インフォ)
その深度と弦楽二重奏+シンガー・ソングライターというユニークなスタイルが大きな信頼と感動を集めたサード・アルバム『とてもいいこと』から約3年。豪雪の中、伝説的な演奏を果たした東京・下北沢の富士見丘教会公演(2013 年1 月14 日)をはじめとしたソロ/トリオ問わず充実した演奏活動。そして、2枚の7” レコード--「レコード/いと」「ねむりを待つあいだ/山ごもり」--と、ライブでの共演を繰り返してきた柴田聡子との共作10”レコード「Gofish トリオと柴田聡子」を間に挟んで、Gofish 待望の新しいフルアルバムがついに完成しました。

 稲田誠(コントラバス)、黒田誠二郎(チェロ)とのアンサンブルは本作でさらなる高みへ。また「だんだん迷子に」や「なんにもないみたい」「ライブアルバム」で聴かれるような厚みのあるコーラスの美しさも本作の格別さのひとつです。と同時に、ほっとするような暮らしの断片やその息遣い、それは「洗濯物」「ほつれた縫い目」「ズボンの折り返し」「シャッター商店街」など、切れ味を増したテライショウタの言葉選びだけがそう思わせるものでもないでしょう。

 くさびを打つコントラバス、泣くようなチェロ、たくましさを増した歌声を生き生きと捉えた西川文章の録音・マスタリングの精妙さ。その歌声と演奏の重みに足が抜けなくなっても、止まっていた時計がまた動き始めるような瞬間が次に訪れる。重く沈みこむだけでない。浮かび上がり、穏やかに飛翔する場面の豊かさや優雅さ。それでいて鼻をつくほどの生の香り高さも伝えてくれる「よかんのじかん」を胸いっぱい吸い込んでください。きっと大切な1枚になるはずです。

¥ 2,376

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。