THE GUAYS "After my vacant" / CD

THE GUAYS待望の2ndアルバムがリリース。ライブでの爆発力は定評もあり、観る者を引きつけるものがバンバン満ち溢れているステージ。音源ではそれも余すことなくパッケージングされていて、ナイスメロディ炸裂しています。音源でしっかり聞かせてくれて、ライブではバッチリテンション上げてくれるっていう理想的なバンドスタイル。僕が好きな幾つかののバンドが放つ「俺もバンド始めよう」「バンドって楽しいんだな」っていうオーラを持っている4人だと思います。やっちまったBOYS&GIRLが2017年リリースした作品が誰かの本年度べスト3に入るってのはあるはず!

【収録曲】
1.耳鳴り
2.teen heaven
3.Breaking out
4.Boys
5.Useless
6.Stupid days
7.スモールライフル
8.3カウント

【Label Album lnfomation】
東京で活動中のグアイズが五年ぶり上京後初の2nd Full Album『After my vacant』を完成させた。1stAlbum砲撃から、CAR10とのスプリットroomshare ep.など経て約5年、新ベーシストゆうしが加入して新体制初の待望のフルアルバムを十三月の甲虫からリリースする。
レコーディングエンジニアにSupercarなどを手掛けるHiroaki Kanaiむかえ、クリアな歯切れのいい音像が全8曲分、疾走する。
日々の退屈なルーティンから生まれるどうしようもない気持ちを肯定しながらも払拭して前に進んで行く。そんなポジティブなバイブスに溢れるアルバムになっている。ジャケット写真はマヒトゥ・ザ・ピーポーによるもの。

【バンドプロフィール】
2010年6月頃
キャプテン・リョウスケVo.Gt、ヒロシGt.Vo、ユッキーDr.cho、モモBa.choのメンバーで大阪を中心に活動を始める。
2011年6月
初のDemo音源『GORUNGUN』を発売
この頃から地方や東京にも足を運び始め、ライブジャンキーになっていく。
2012年4月
初の海外アメリカツアーで飛び込む。
3本のライブがライブを重ねていくうちにどんどんライブが決まっていき、映画ロッキー発祥のフィラデルフィアまで足を運んだアメリカプチツアー。
11本のライブを決行。

2013年7月
NYtourEP発売
NYツアー時のライブ音源と行く前にカセットで録音した音源を、
カセットとCDで再発
2013年9月13日
@心斎橋火影 初のワンマン『砲撃』レコ発一発目
この後、拠点を大阪から東京に移す。

2013年10月10日
1st album 「砲撃」を自主レーベルより発売。

2014年4月
地方のやばい奴らを東京に招いての自主企画【RAW VIBE】やりはじめる。

2015年2月18日
2nd 7inchレコード『GOO!CHOKI!PUNCH!』を十三月の甲虫よりリリース。
ジャケはオーストラリアのレジェンドパンクバンドHard-ons Ray氏による書き下ろし。

2015年9月
十三月の甲虫主催でMean Jeans(US)を招き、GEZANと3バンドで最高の胸じんツアーを行う。
そのファイナルでベースのモモが脱退。
キャプテンがベースにチェンジし活動。

2016年2月17日
写真家池野詩織による、MEAN JEANS(US)、GEZAN、GUAYSの胸じんツアーの写真集『BUBBLE BLUE』をKiliKiliVillaより発売

2016年2月23日
新ベーシスト”ユウシ”が加入。
四人体制でまたはじまる。

2016年9月14日
CAR10とのスプリット『room share ep.』をKiliKiliVillaから発売

¥ 2,376

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    全国一律 400円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。